ペット墓地を利用して十分な供養を行おう

大切な家族の原因であるペットが亡くなってしまったときに、出来る限り心を込めて供養したいと思う人が多いのではないでしょうか。
犬や猫などのある程度の大きさのある小動物であれば、ペット専用の火葬場で葬儀を行うことが可能です。
土地が広い火葬場であれば、ペット専用の墓地も併設してある場合があり、遺骨を納めることで、定期的に寺による供養などを受けることが出来ます。
現在では、墓地には様々な形式のものがあり、飼い主の事情に合わたものを選択しやすくなっています。
最も安価なものは、集合形式のものであり、多くの動物たちと一緒に遺骨が納められます。
管理を頻繁に出来ない人のために、納骨堂形式のものもあり、写真やおもちゃなどをお供えすることが出来ます。
人間のものと同じように墓石がある形式のものもありますが、一番高級になる傾向があります。
年会費もかかることが多いですが、個人のスペースでお参りすることが出来るため、定期的に通う人には適しています。

ペットのお墓の種類について

最近はペットも家族の一員くらいに大事に思う飼い主が増えてきましたし、ペットが死んだ時に供養を人間と同様にしっかりと行う飼い主も増えてきました。
また、供養をするだけではなく、ちゃんとしたところに遺体を入れることにもなります。
そこで、ペットのお墓の種類としては、合同供養塔、屋外型個別墓地、ガーデニング霊園などがあります。
合同供養塔については、他の複数の遺体と埋葬されることになります。
最近多くなってきている霊園には、ほぼこの形態のものが設置されています。
屋外型個別墓地に関しては、個別に埋葬するという方法で行います。
ですから、合同供養塔よりも少し費用がかかってきます。
ガーデニング霊園は、少し一風変わった霊園で、バラの花で飾ってみたり、樹木を記念に植えるということも行うことができます。
その他にも、人間と一緒に埋葬できる形態のものもできてきており、飼い主と動物が一緒の土地に埋葬されることになります。
この埋葬の場合は、事前に契約をしておくことが重要になってきます。

Favorite


リノベーション


最終更新日:2019/5/15

『ペット 墓』 最新ツイート